代表ご挨拶・歴史

にしで設計工務の代表、西出裕のご挨拶、歴史をご紹介します。

ご挨拶

代表写真

初めてホームページをリニューアルしました。
永年、地元密着でリピート客のみを対象にしてまいりましたが、
活動している私共も改めて自己紹介が必要と更新しました。
よろしくお願いいたします。

コンセプト

医療に例えれば・・・
地元の診療所と同様な形態で近隣・地域密着型
言わばかかりつけ医者のような存在です。リフォーム・新築を設計から施工まで全て私が担当します。

大手の会社では別々で、別人で行う営業・設計・コーディネーター・積算・監督を全て私一人で担当しますから伝言ゲームとはなりません。

足場も屋根の上も登ります。スコップも持ちます。ダンプも運転します。すべての職方の仕事も理解し手伝えます。稀(?)な一級建築士です。

それは、永年の体験と実績があるからできます。

一般的な営業マンやリフォーム業者は、各職種の仕事内容しか理解しておらず、各職人に聞いてみないと判らないとするのは、各業種を理解・体験せず、建築学を勉強していないからと考えます。

何よりも恐い落とし穴は各職種間のとりあい・納まり・伝達が正確に行われていないケースがあり、数年後に大きな欠陥として、建物に影響が出てくる実態です。

建築工事は土地の状態から判断して新築、リフォームするにしても建築技術者に相談するべきものだと考えます。どのような工事を行うにしても一つの例として、地下埋蔵されている宝物を探し当てる際、どこにそれがあるのかが重要課題で、ただ掘るのではありません。どこにあるかを判断、指示できるのは技術者です。

工事工法、業者を選ぶのは技術者であり、掘るのは専門業者であり、職人です。

ユーザーは職人の仕事をするところを見ているので全てを熟知していると誤解があるのではないでしょうか。

そして営業マンは傍観者あり、伝達者です。

特に取替リフォーム工事で、古いものを取り外したこと等により、問題点が生じた場合に、直ちに判断・処置するのには、建物全体の知識を持ち様々な事例を知る豊富な経験・技術が必要とされるのです。

施主様にあらゆる事態を想定しつつ不足の事態が起こらないように、知識と経験を生かし長いお付き合いができればと考えています。

三方良し(私もあなたも世の中も)でありたいです。

生い立ち・歴史

滋賀県の工業高校化学工業科を卒業後、来阪して、奨学金を返済する為に住み込みで遠縁のサービス会社に就職。1969年1月、成人式の日に夜間大学に建築学部が存在することを知り、その瞬間から30歳迄に一級建築士になり、工務店をしようと一大決心。

その3月、大学合格。
そこからこの建築業界に入りました。

一回生の終わり頃から大学付近に住み建築現場で働くことになり、やがて工務店ビルの部屋生活となる。

大学U部学生時代のスケジュール

〜平日〜
8:00〜17:00 T工務店で建築現場仕事
17:30〜21:45 授業(一般講義)
20:30〜22:00 少林寺拳法のクラブ活動※1
3回生〜4回生は、教職課程と重なる。※1
(※1 授業とクラブのブッキング。出欠届をして切り抜ける。)
4回生はゼミナール

〜日曜日〜
9:00〜12:00 大阪城公園で少林寺拳法のクラブ活動

この間、仕事は、日給月給で現場作業、監督見習いから始まり、4回生になる頃には、現場主任として八尾市、柏原市、大阪府の公共建築工事の鉄筋コンクリート造、鉄骨造を体験しつつ役所の検査基準や工事監理報告を学習する。

現場で大事件が発生、10m位の地上足場よりコンクリートガラの上へ落下。奇跡的にも神々の御加護で無傷で事無きを得る。

また、幸運にも恵まれ、アルバイトでありながらも、T工務店代表に認められ、大学授業料をボーナス代わりにと拠出していただく。

到底不可能なスケジュールを限界挑戦でやり遂げて4年間でストレート卒業した。(同級生は約1/4となった)
卒業の際は、その時点で現場を担当した会社の代表である施主の御配慮により、大阪市北浜にある会社内の守衛室にガードマン代わりに無償で間借りする事にもなった。

卒業後、将来を見据えて分譲住宅の不動産会社へ現場監督として入社し、やがて、設計、積算、営業をすることになる。
結婚する。
将来の軍資金の為と教職免許を生かし学習塾を経営、講師を行う。
社会的信用度を得るために、戸建て住宅を購入・入居。

1975年〜1978年までのスケジュール

〜平日〜
7:00 起床
8:00〜9:00 通勤
9:00〜17:00 サラリーマン
17:00〜18:00 移動
18:00〜21:00 学習塾で中一〜中三 授業を教える
21:00以降 自由時間

〜日曜〜
9:00〜12:00 小4〜高一 授業教える
12:00以降 自由選択
合間に 一級建築士 国家資格取得
 宅地建物取引士 国家資格取得
 大型特殊免許 資格取得

独立
1979年 一級建築士事務所 大阪府知事登録 
 建設業 大阪府知事許可

建築士事務所は三井ホームの下請け協力設計事務所として設計コンサルタントになる。
建設業は、営繕工事(当時はリフォーム工事とは言わない)から手掛け始める。

これまでの新築住宅 約30件余り

これまでのリフォーム施工実績
 住宅・店舗・工場・倉庫・事務所・寺社・
 ビル・病院・診療所
 増改築 リフォーム工事 約10000件

社会活動

地元 住吉神社 第25期氏子総代